kuishinbousan’s blog

ハピタスヤPONEYなどのオススメのポイントサイトと飛行機に乗らずANAのマイルを大量に獲得する方法などをご紹介しています!

ANA VISAワイドゴールドカードで貯めたポイントをマイルへ交換する方法【2017年11月版】

下記記事でオススメした陸マイラーが持つべき「ANA VISAワイドゴールドカード」で「マイ・ぺいすリボ」を上手に活用すると、通常ポイントと同額のポイントがボーナスポイントとして付与されます。

今回は、この獲得したポイントをANAマイルへ交換する方法について簡単にご紹介しますので、今後のポイントを移行する際の参考にしてください。

 

 

なお、まだANA VISAワイドゴールドカード未発行の方は、下の記事を参考に申し込みをして頂くと、ANA公式HPから直接申し込むより2倍多い4000マイルを獲得することができます。

 

 

冒頭から宣伝ばっかりなってしまい恐縮ですが、これからANAマイルをガンガン貯めようと考えている方は、迷うことなく上記ゴールドカードとソラチカと呼ばれる「ANA TO ME CARD PASMO JCB」をセットで発行されることを強くオススメします。

なぜ、このソラチカを強く勧めるのか、その秘密はこちらの記事でご紹介しています。

 

 

ソラチカの凄さを納得して頂いた方だけ、下記記事から申し込むとゴールドカードお申し込みと同様、ANA公式HPより1.5倍多い1500マイルを獲得することができます。

 

すみません、話が少々脱線してしまいましたが、本題に戻しますね。

 

ANA VISAワイドゴールドカードでポイントは、三井住友のインターネットサービスVpassで確認できます。

カード発行後、次のリンク(Vpassアプリがあるのでインストールしておくと便利です)

インターネットサービスVpass(ブイパス)|クレジットカードの三井住友VISAカード

にアクセス・ログインすると、左側に(アプリの場合は左上に表示される「メニュー」をクリックすると)「ポイントを確認・交換する」が表示されます。

f:id:kuishinbousan:20170831192929p:plain

 

ここでポイントの確認ができます。下は私の例ですが次のように表示されました。
上段が通常ポイントで1000円毎にポイントが1pt付与されます。ただし、個別のショッピング毎に付与されるのではなく、当月15日締めの翌月10日払いの場合、月間(前月16日〜当月15日)のカード利用合計金額に対し付与されますので、無駄なくポイントが付与されますので切り捨てられるポイントは僅か1ptのため気にする必要はありません。

私は、この通常ポイントが4572ptあるので457万ショッピングで決済したことになります。カードを昨年12月に発行し、8ヶ月経過したので月平均すると60万弱ショッピング決済したことになります。

下段は、マイ・ぺいすリボ利用によるボーナスポイントで2532ptです。
マイ・ぺいすリボは年利は15%と極めて高いですが、これを上手く活用すれば、通常ptと同数のptが付与されますので食わず嫌いにならず活用することを強くオススメします。その秘策は、冒頭の記事「ANAマイル最大還元率1.72%のANA VISAワイドゴールドカードとは」
でご紹介しています。

 

f:id:kuishinbousan:20170831193217p:plain

 

この通常ポイントの1ptは、下表記載のとおり手数料無料で10マイルに交換することができます。

 

f:id:kuishinbousan:20170831194648p:plain

 

なので、私の場合、下表では、4572ptのうち移行可能ポイントが4285ptなので
4285pt✖️10マイル=42850マイルに交換することができます。

 

 

f:id:kuishinbousan:20170831200850p:plain

 

交換する順番は、ボーナスポイント、通常ポイントのどちらからでも良いですが、試しに上段の通常ポイント4285ptから交換してみますね(^^

 

最初に、下記画面の「ポイントを確認・交換する」をクリック。

f:id:kuishinbousan:20170831192929p:plain

 

次の画面中程の右側に表示される「ポイントを使う」をクリック。

f:id:kuishinbousan:20170909212547p:plain

 

画面遷移後、赤枠で囲んだ「ANAマイレージクラブ ANA VISAカード ANAマスターカード ANA家族カード」をクリック。

f:id:kuishinbousan:20170909213347j:plain

 

次の画面で表示される、【ANAゴールド会員の方 ゴールド専用 10マイルコース】の「お申し込みはこちら」をクリックします。

f:id:kuishinbousan:20170831194648p:plain

 

そうすると次の画面が表示されます。ポイント交換は1pt以上1pt単位で交換できます。

f:id:kuishinbousan:20170831202409p:plain

この表示されている画面を下にスクロールするとpt移行申し込み画面になるので、移行可能pt全てを移行するため「4285」と半角数字で右欄に入力し、「確認する」ボタンをクリックします。

 

f:id:kuishinbousan:20170831202809p:plain

 

すると、最終の確認画面が表示されるので、「決定する」をクリックします。

f:id:kuishinbousan:20170831203124p:plain

 

これで通常ポイントの移行作業は終了しました。

f:id:kuishinbousan:20170831203341p:plain

 

念のため、「ワールドプレゼントご利用履歴を見る」をクリックしてみますと、移行作業が反映されていることが分かります。後は、ANAマイレージのアプリでマイルへきちんと移行されていることを確認しましょう。

f:id:kuishinbousan:20170831203820p:plain

 

引き続き、ボーナスポイントをANAマイルへ移行してみます。その前に、ボーナスポイントをマイルへ移行する際には次の2点に特に気をつけなければなりません。

注意1

ボーナスポイントを直接ANAマイルへ絶対に交換しないこと。直接交換すると1ボーナスポイント=3マイルにしかならないからです。ボーナスポイントはpex、ソラチカを経由し必ず交換してください。そうすると、5割増しの4.5マイルにもなります。

流れを図で示すと次のとおりです。

f:id:kuishinbousan:20170831205124p:plain

1pt=4.5マイル、図では1000pt=4,500マイルになっていることが分かります。

 

注意2

通常ポイントが残っている状況で、ボーナスポイントを先に交換する場合は、さらに気を付けなければなりません。例えば、下表の通常ポイント4285ptより先にボーナスポイント2532ptの交換するとします。ここでPexへの移行は最低200ボーナスptから交換可能で100pt単位の交換となります。

このため、私が2532以下で交換しようとすれば2500が移行の上限となり、2500以下のPexへの移行申請であれば1pt=4.5マイルの割合で交換するので全く問題ありません。

ところが、この2500を超えて仮に2600でPexへ交換申請したとします。するとボーナスポイントを超えた分の68ポイントは通常ポイントから差し引かれ、本来であれば、この68ポイントは1ポイント=10マイルで交換されるのに低率の1ポイント=4.5マイルで交換されることになります。

ボーナスポイントを交換する際には、以上の2点に注意し交換するようにしましょう。

 

f:id:kuishinbousan:20170831202409p:plain

 

このことが、三井住友HPのどこに明記されているのかですが、参考までにトップページ上にある「よくあるご質問」の中で明記されています。

f:id:kuishinbousan:20170831210726p:plain

 

具体的には、下に記載されているとおりです。「獲得ポイント」とは「通常ポイント」のことです。

f:id:kuishinbousan:20170831211146p:plain

 

ANAカードのポイント減算順位も一応示しておきます。Pexは、「ANAマイレージ移行以外のポイント交換」に該当します。ご参考までに。

 

f:id:kuishinbousan:20170831211409p:plain

 

それでは、次に私のボーナスポイントを交換してみます。

通常ポイントを交換した時と同様、ログインしましたら、左サイドメニュー一覧(アプリでは左上の「メニュー」をクリック)の「ポイントを確認・交換する」をクリックしてください。

先程、移行可能な通常ポイント全てをANAマイルに交換したので、【1】の残高が減算されています。

交換するのはボーナスポイントなので、【2】の2532です。

 

f:id:kuishinbousan:20170831211954p:plain

 

上記表示画面を下にスクロールすると、次の表示があります。この右側の「ポイントを使う」をクリックします。

f:id:kuishinbousan:20170831212307p:plain

 

すると、次の画面に遷移しますので、右側に表示の「Pex」をクリックしてください。

 

f:id:kuishinbousan:20170831212632p:plain

 

「お申し込みはこちら」をクリックします。ポイント移行単位は200pt以上100pt単位です。遷移した画面で、手元のカード情報を入力すると

f:id:kuishinbousan:20170831212801p:plain

 

 

次の画面に遷移します。下表で申込ワールドプレゼントのポイント数を既に記入していますが大きなミスをおかしています。何が間違っているか分かりますか?

答えは「2500」と記載すべきところ間違って「2800」と記載してしまっているところです。前述の「注意2」で述べたとおり、注意しなければならないのは、下表の「ご利用可能ポイント残高 2819ポイント」は、【1】の通常ポイント287ポイントも含まれていますのでボーナスポイントと一緒に交換しないように気を付けましょう

ここはあくまで私の場合の例ですが、「申込ワールドプレゼントポイント」を2500と記入しましたら、あとは、Pex口座情報(ハイフンなしの半角16桁の数字)を入力、最後に「確認する」をクリックすれば、最終確認画面に遷移しますので、「決定する」ボタンをクリックし移行の手続きは終了です。

 

【間違い例】

f:id:kuishinbousan:20170831213255p:plain

上は悪い見本例ですので、2800ではなく、2500以下の数字を記載しなければなりません。勘違いしやすく特に重要なところですので、くどいですが繰り返し注意しておきます。 

 

無事移行できたか、翌日PEX口座に反映されているので確認しましょう

f:id:kuishinbousan:20170831213911p:plain

 

以上で、通常ポイントとボーナスポイントの交換手続きは完了です。ボーナスポイントだけは、ANAマイルに交換するまで、PEX→ソラチカ→ANAマイルへの移行作業が残っていますので忘れずに交換するようにしてください。

ポイントを交換するタイミングも非常に重要ですので、分からない方はこちらの記事を参考に交換してください。

 

 

今回は、ANA VISAワイドゴールドカードのポイント交換要領についてご紹介しました。ANAマイルへ交換するには、このカードが重要であることには変わりありませんが、マイルを貯める量で比較すると、やはり、私がオススメするハピタスとPONEYにはかないません。

使い方としては、主力はハピタス、PONEYで貯めたポイントをANAマイルへ移行するとし、これを併用しつつ、従としてANA VISAワイドゴールドカードでも貯めていくというのが王道でしょう。

ハピタスとPONEYにまだ未登録の方はご登録頂ければと思います。ハピタスとPONEY公式HPから直接申し込まれても1000pt(ハピタス)・15,000pt(PONEY)のポイントは付与されませんのでご注意ください。

 

ハピタスです

【期間限定】通常30ptのところ、当ブログから新規登録しポイント交換で1000pt(1000円相当)プレゼント!
(注)ポイント交換期限は12月31日まで300pt以上の交換が1000pt獲得条件です

日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

こちらはPONEYです
15,000ptがプレゼントされます

PONEY|誰にでも簡単に貯められる。やさしいポイントサイト。

 

どちらも使いやすいサイトで登録料無料です。ANAマイルやJALマイルを効率的に貯めていくサイトとしては優秀なサイトですので、初めて知ったという方は、こちらの4つの記事もご覧になれば、その凄さが分かると思います。

 

  

それでは今日はこの辺で(^^

陸マイラー関連記事はこちらでご確認できます。

にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ  「ポイント・マイル」ブログランキング参加中