台風20号(ノグリー)が予想以上に発達しています。

10月20日(日)21時現在、南大東島の西南西を北北東に進み、中心気圧980hPa、最大瞬間風速50メートルの強い勢力となっています。

発生当初は、3日も経たないうちに熱帯低気圧に変わる予想でしたからある意味想定外の発達を続けていると言えます。

今後、21日(月)早朝にかけて沖縄本島に最接近し、22日(火)には東日本の南海上で温帯低気圧に変わると予想されています。

台風接近に伴い南西諸島では強雨や雷雨、強風や高波に警戒が必要です。温帯低気圧に変わった後も停滞前線と一体化し、22日(火)頃に西・東日本の太平洋側を中心に強雨のおそれがあります。

 特に、台風19号(ハギビス)の被災地では、新たな土砂災害や、低い土地の浸水などに注意が必要です。

今回は、気になる台風20号の進路予想

  • ウェザーニュース
  • アメリカ軍(米軍)
  • ヨーロッパ中期予報センター情報

をまとめてみました。



台風20号(ノグリー)2019年のウェザーニュースの予想進路図

10月20日(日)21時50分現在、ウェザーニュースの進路予想では、21日(月)21時には足摺岬の南南東約200km(北緯 31度 0分/東経 133度50分)まで北上し、中心気圧は992hPa・最大風速25m/s・最大瞬間風速は35m/sの見込みです。

その後、台風20号は22日(火)にかけて北東に進み、日本の南の海上で温帯低気圧に変わる見込みです。

▼2019年10月20日(日)21時現在

台風20号(ノグリー)の予想進路・アメリカ軍(米軍)とヨーロッパ中期予報センター情報も出典元:ウェザーニュース


台風20号(ノグリー)2019年のアメリカ軍(米軍)の進路予想図

10月20日(日)に発表されたアメリカ軍(米軍:黄色ライン)の進路予想図です。

アメリカ軍(米軍)は、JTWC:米国海・空軍合同台風警戒センターの情報です。

この米軍情報と日本の気象庁(赤ライン)、ウエザーニュース(青ライン)の3者の予想進路図を重ねたものが以下の図となります。

台風20号(ノグリー)の予想進路・気象庁・アメリカ軍(米軍)・ウェザーニュース予想

アメリカ軍(米軍)、気象庁、ウェザーニュースの3者とも北東に進む進路で揃っています。

また、ウェザーニュースは西日本付近、気象庁は東日本付近で温帯低気圧に変わる予想ですが、JTWCは台風のまま東日本の太平洋側へ向かう予想となっています。


Windy(ウィンディ)による台風20号(ノグリー)の情報について

ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の予報を基にしたWindyの情報です。風の動きが視覚的に見えて、便利ですね。

下の▶︎のバーの任意の場所をクリックすると、その時表示している情報(右上:現在「風」に設定:ほか雨、雷、気温、雲、波など)がピンポイントで3時間毎に最大10日分表示されます。

地図の拡大縮小も可能です。



台風20号(ノグリー)の現在の勢力・速度・強さについて

10月20日(日)午後9時現在の台風20号(ノグリー)の勢力・速度・強さは次のとおりです。

10月20日(日)21時の現在位置 南大東島の西南西 約140km
大きさ
中心気圧 980hPa
強さ 強い
最大風速 35m/s
方向・速さ 北北東 20km/h
最大瞬間風速 50m/s

気象庁、ウェザーニュースの予報では22日(火)には温帯低気圧に変わる見込みです


2000年以降の10月上陸台風に要警戒!

10月は8月や9月に比べると台風の接近・上陸数が減少する一方で、大きな影響を与える台風の襲来があるという点では変わりありません。

2000年以降の記録をまとめると、10月に上陸した7個の台風はすべて上陸時に「強い」勢力を保っていました。

台風 上陸時の最大風速 大きさ・勢力
2017年21号 40m/s 超大型・強い
2014年19号 35m/s 大型・強い
2014年18号 35m/s 大型・強い
2009年18号 40m/s 大型・強い
2004年23号 40m/s 大型・強い
2004年22号 40m/s 強い
2002年21号 35m/s 強い

台風20号(ノグリー)2019の進路予想!アメリカ軍(米軍)とヨーロッパ中期予報センター情報も!のまとめ

今回の台風20号は温帯低気圧に変わる見込みですが、台風19号による大雨で河川堤防等が損傷を受けた地域や地盤が緩んでいる地域では、通常よりも少ない雨量で洪水や土砂災害の危険度が高まるおそれがあり、警戒が必要です。

今後の台風情報に引き続き注意しながら、早めの台風対策を行うようにしてください!