台風10号(ミリネ)は、日本の南を東寄りに進んでいます。 関東や東海は台風の接近前の7日(土)から、湿った空気が流れ込むことで雨の降る所が多くなります。

台風の本体が近づく7日(土)深夜から8日(日)の朝にかけては非常に激しい雨の降るおそれがあります。7月に大規模な土石流に見舞われた静岡県熱海市でも、災害発生以降では最も強い雨となる予想で、新たな災害の発生に警戒が必要です。

台風は暴風域を伴わない予想ではあるものの、中心近くでは平均で20m/s、瞬間的には30m/sを超える強い風が吹き荒れます。台風の進路に近い伊豆諸島や関東沿岸部は雨だけではなく、強風への備えも必要です。風雨のピークとなる8日(日)午前中は無理な外出を避けるようにしてください。

因みにミリネとは、韓国が提案した名称で、「天の川」という言葉が由来です。

今回は、気になる台風10号(ミリネ)2021の進路予想

  • ウェザーニュース
  • アメリカ軍(米軍)
  • ヨーロッパ中期予報センター情報

をまとめてみました。

 

台風10号(ミリネ)2021年のウェザーニュースの予想進路図

ウェザーニュースの進路予想では、8月7日(土)18時には、八丈島の南南西約210km

台風10号(ミリネ)2021年の進路予想図

出典元:ウェザーニュース

 

北緯 31度30分/東経 138度40分)に位置し、中心気圧は985hPa・最大風速23m/s・最大瞬間風速は35m/sと予想されています。

引き続き、最新の情報にご注意ください。

▲ 目次に戻る

台風10号(ミリネ)2021年のアメリカ軍(米軍)の進路予想図

アメリカ軍(米軍:黄色ライン)の進路予想図です。

この米軍情報と日本の気象庁(赤ライン)、ウエザーニュース(青ライン)の3者の予想進路図を重ねたものが以下の図となります。

台風10号(ミリネ)2021年のニュース・米国JTWC米国海・空合同台風警報センター

アメリカ軍(米軍)、気象庁、ウェザーニュースの3者の予想進路は、3者の進路予想は概ね揃っており、今後は本州の南海上を北東に進んで、8(日)頃にかけて関東沖を進む見込みです。


▲ 目次に戻る

Windy(ウィンディ)による台風10号(ミリネ)の情報について

ECMWF(ヨーロッパ中期予報センター)の予報を基にしたWindyの情報です。風の動きが視覚的に見えて、便利ですね。

下の▶︎のバーの任意の場所をクリックすると、その時表示している情報(右上:現在「風」に設定:ほか雨、雷、気温、雲、波など)がピンポイントで3時間毎に最大10日分表示されます。

地図の拡大縮小も可能です。

▲ 目次に戻る

台風10号(ミリネ)の予想の勢力・速度・強さについて

8月7日(土)18時~8月9日(月)午前3時予想の台風10号(ミリネ)の勢力・速度・強さは次のとおりです。

8月7日(土)18時の位置 八丈島の南南西約210km
大きさ
中心気圧 985hPa
強さ
中心付近の最大風速 23m/s
方向・速さ 北東 30km/h
最大瞬間風速 35m/s
予報円の中心 北緯 31度30分/東経 138度40分
予報円の半径 65km
8月8日(日)午前6時の予想位置 八丈島の北東約110km
大きさ
中心気圧 985hPa
強さ
中心付近の最大風速 23m/s
方向・速さ 北北東 25km/h
最大瞬間風速 35m/s
予報円の中心 北緯 33度50分/東経 140度35分
予報円の半径 95km
8月9日(月)午前3時の予想位置 日本の東
大きさ
中心気圧 985hPa
強さ
中心付近の最大風速 23m/s
方向・速さ 北東 30km/h
最大瞬間風速 35m/s
予報円の中心 北緯 37度30分/東経 146度20分
予報円の半径 140km

▲ 目次に戻る

台風10号(ミリネ)2021の進路予想!アメリカ軍(米軍)とヨーロッパ中期予報センター情報も!のまとめ

台風10号(ミリネ)は、7日(土)3時現在、日本の南海上にあって、東北東に進んでいます。今後は本州の南海上を北東に進んで、8日(日)頃に関東地方付近に最も接近する予想です。9日(月)には三陸沖へ進み、10日(火)頃に温帯低気圧に変わる見込みです。

この台風は暴風域は伴わない予想ですが、西日本では太平洋側の南東斜面を中心に、東日本では太平洋側で大雨や強風のおそれがあります。沿岸は高波にも注意が必要です。

今後の情報や各自治体の出す情報をこまめに確認するようにしてください。