【重要】2019年12月ソラチカルート閉鎖に伴い陸マイラーが保有すべきクレカは「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を推奨!

2点改悪のお知らせです。
【改悪その1】
2019年12月27日をもってソラチカルート閉鎖(改悪)が決定

この閉鎖により

LINEポイント→メトロポイントへのポイント移行が不可

となるため、閉鎖日以降、ボーナスポイントを通常(1ポイント=3マイル)より35%増の4.05マイル交換が不可となります。

GポイントやLINEポイントを貯めている方は、12月中にメトロポイントまで交換することをおすすめします。

【改悪その2】
「ANA VISA/Masterワイドゴールドカード」の年間カード利用額によるステージ制度のボーナスポイントが2021年1月末をもって終了

この影響によりANA VISA/MasterワイドゴールドカードのANAマイル還元率は

最大1.648%から1.35%にまで低下

します。この1.35%はANA VISA一般カードやANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードと同じ還元率になります。
このため、ANA VISA/Masterワイドゴールド還元率でのメリットがなくなりますのでご注意ください。

上記各種改悪によってANA VISAカード全般のマイルの還元率が下がってしまったことを考えますと、年会費の安いカードを選択するのも有力な候補です。中でもANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(ANA TOKYUカード)はTOKYUルートが使えるため、非常におすすめです

ソラチカルート還元率81%の閉鎖によって、これからはTOKYUルート還元率75%でANAのマイルを貯める方法が主流になります。
そしてTOKYUルートを利用するためには、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを保有しておく必要があります。
TOKYUルートの詳細は以下の記事で解説しています。

▼ANAマイル(JALマイルはモッピー がオススメ)を効率よく貯めるポイントサイトです。

こちらのサイトは上記改悪が実施されてもマイルを貯める元となるポイントサイトに依然変わりありません。
登録頂いて大丈夫(寧ろ推奨)です。

↓現在、新規登録キャンペーン中↓
モッピー
2,550円分プレゼント:12月31日までの登録の方が対象

・キャンペーンの詳細は▼こちらから。

ハピタス
・登録後7日以内のハピタスサービス利用で400円分プレゼント

ポイントタウン

ポイントインカム
・300円分プレゼント
・登録だけで200円+登録翌々月までの初めてのポイント交換で100円

ちょびリッチ
・登録月の月末までに1ポイント以上獲得で250円分プレゼント

ANA VISAワイドゴールドカードANA VISAワイドゴールドカード

陸マイラーが持つべき「ANA VISAワイドゴールドカード」です。このカードの「マイ・ぺいすリボ」を上手く活用すると、通常ポイントと同数のボーナスポイントを獲得することができます。

今回は、この

  • 通常ポイントとボーナスポイントの確認方法
  • 通常ポイントとボーナスポイントをANAマイルへ交換する方法

について解説していきます。

ANA VISAワイドゴールドカードのポイントは三井住友のインターネットサービスVpassで確認する!

ポイントの確認は、三井住友のインターネットサービスVpassで確認することができます。

具体的には、カード発行後次のリンクにアクセスすることによりポイントを確認します。

◇スマホ用:Vpassアプリのダウンロード

PC用:インターネットサービスVpass(ブイパス)

 

ログインしますと、

◇PCの場合:左側に「ポイントを確認・交換する

スマホの場合:トップメニューに「ワールドプレゼント ポイント残高」

がそれぞれ表示されます。

▼下はPCの場合の表示例です。

三井住友Vpassログイン後のトップメニュー赤枠内の「ポイントを確認・交換する」をクリックしますとポイントが▼表示されます。

  • 表中の上段4,572ポイントが、通常ポイント
  • 下段の2,532ポイントが、ボーナスポイント

です。

f:id:kuishinbousan:20170831193217p:plain

ポイントには通常ポイント・ボーナスポイントの2種類がある!

ご利用可能ポイントの項目内に表示されている

  • [1]獲得・調整ポイント累計残高(▼表中の4,572ポイント)

通常ポイントですが、この通常ポイントは、1,000円毎に1ポイント付与される仕組みとなっています。

f:id:kuishinbousan:20170831193217p:plain

ポイント付与のタイミングは、個別のショッピング毎に付与されるのではなく、当月15日締めの翌月10日払いの場合、月間(前月16日〜当月15日)のカード利用合計金額に対して付与されます。

このとき、切り捨てられるポイントは僅か1ポイントとなりますので、無駄なくポイントを獲得することができます。

  • [2]プレミアム・ボーナスポイント残高(▼表中の2,532ポイント)

ボーナスポイントです。

ボーナスポイントは、マイ・ぺいすリボの利用で付与されたり、ポイントサイトから三井住友のポイントプログラム「ワールドプレゼント」へ移行した際に反映されます。

f:id:kuishinbousan:20170831193217p:plain

マイ・ぺいすリボは、いわゆるリボ払いですので年利は15%と極めて高いものですが、これを上手く活用(裏技)すると

  • 月僅か数円の利息払い(年間でも数十円)
  • 通常ポイントと同数のボーナスポイントを獲得

することができます。

リボ払いは、何も対策をとらなけらば高い金利を支払うこととなりますが、ちょっとやり方を工夫するだけで高い利息を支払わず、かつ、通常ポイントと同数のボーナスポイントを獲得することができるようになります。この裏技を活用することにより

年会費も安くする

ことができますので食わず嫌いにならず活用することをオススメします。その裏技については、▼次の記事

「ANAマイル最大還元率1.648%のANA VISAワイドゴールドカードとは」

で紹介しています。

 交換するポイントは通常ポイント、ボーナスポイントどちらからでもOK!

通常ポイントから先に交換する場合

f:id:kuishinbousan:20170831193217p:plain

通常ポイントは、▼手数料無料で1ポイント=10マイルに交換することができます。

f:id:kuishinbousan:20170831194648p:plain

▼下表では、4,572ポイントのうち移行可能ポイント4,285ポイントとなっていますので

4,285ポイント×10マイル=42,850マイル

に交換することができます。

三井住友Vpassポイント残高

交換する順番は、ボーナスポイント、通常ポイントのどちらからでもオッケーですが、ここでは通常ポイント(ご利用可能ポイント)4,285ポイントから交換していきます。

最初に、▼「ポイントを確認・交換する」をクリックします。

三井住友Vpassログイン後のトップメニュー

▼画面中程に表示される「ポイントを使う」をクリックします。

f:id:kuishinbousan:20170909212547p:plain

▼画面遷移後、赤枠で囲んだ

「①マイレージ移行」→「②ANAマイレージ 1ポイント→3〜15マイル」の順にクリックします。

三井住友Vpassポイントマイレージ移行(通常ポイント)1

 

▼「ANA VISAカード/ANAマスターカード/ANA銀聯カード会員の方」の「詳細はこちら」をクリックします。

三井住友Vpass ANAマイレージ移行

▼【ANAゴールド会員の方 ゴールド専用 10マイルコース】の「お申し込みはこちら」をクリックします。

f:id:kuishinbousan:20170831194648p:plain

▼次の画面に遷移します。

f:id:kuishinbousan:20170831202409p:plain

表示されている画面を下にスクロールすると▼ポイント移行申し込み画面になります。

移行可能ポイント全てを移行するため「4285」と半角数字で右欄に入力し、「確認する」ボタンをクリックします。

f:id:kuishinbousan:20170831202809p:plain

▼最終の確認画面が表示されますので、「決定する」をクリックします。

f:id:kuishinbousan:20170831203124p:plain

▼これで通常ポイントの移行作業は終了しました。

f:id:kuishinbousan:20170831203341p:plain

念のため、「ワールドプレゼントご利用履歴を見る」をクリックしますと、▼移行作業が反映されていることが分かります。後は、ANAマイレージのアプリでマイルへきちんと移行されていることを確認しましょう。

f:id:kuishinbousan:20170831203820p:plain

次にボーナスポイントを交換します

続いて、ボーナスポイントをANAマイルへ交換します。

ここで2点注意が必要です。

重要:ボーナスポイントは直接ANAマイルへ交換しない!

ボーナスポイントを直接ANAマイルへ交換してはいけません

直接交換すると還元率の悪い

1ボーナスポイント=3マイル

となるためです。ボーナスポイントは必ずGポイント、LINEポイント、メトロポイント(ソラチカカード)を経由し交換してください。そうすると、35%増しの4.05マイルにもなります。

ポイント
  1. ボーナスポイントは直接ANAマイルへ交換しない。
  2. ボーナスポイントは必ずGポイント→LINEポイント→メトロポイント(ソラチカカード)を経由し交換
  3. そうすると、ANAへ直接交換するよりも35%増しの4.05マイルに還元される。

ボーナスポイントの交換の流れです。

f:id:kuishinbousan:20181229173937p:plain

1ポイント=4.05マイル、1,000ポイント=4,050マイルになります。

※これからマイルを貯められる方は「Gポイント」の登録は必須です。未登録の場合、下記リンクからの登録により50Gポイント獲得することができます!

Gポイント

重要:ボーナスポイントを交換する場合、通常ポイントを一緒に交換しない!

通常ポイントが残っている状況で、ボーナスポイントを交換する場合は、特に注意が必要です

例えば、ボーナスポイント2,532ポイントを交換する場合、

  • Gポイントへの移行は最低200ボーナスポイントから交換可能で100ポイント単位の交換

となりますので、ボーナスポイントの移行上限は2,500となります。この場合のマイルの割り当ては

1ポイント=4.05マイル

となります。

しかし、100ポイント多い2,600ボーナスポイントをGポイントへ交換申請してしまうと、2,532ボーナスポイントから超過した68ポインは通常ポイントから差し引かれてしまいます。

本来であれば、この68ポイントは

1ポイント=10マイルで計算

され

680マイル

になるところ

1ポイント=4.05マイル

のルート(Gポイント経由)にのせたことにより

405マイル少ない275マイル

で交換されることになってしまいます。

ボーナスポイントを交換する場合は、通常ポイント分も一緒に交換してしまうことがないよう注意しましょう。

このことが、三井住友HPのどこに記載されているかといいますと、

▼トップページ上の「よくあるご質問

の中に記載されています。

f:id:kuishinbousan:20170831210726p:plain

具体的には、▼次の記載です。

ANAマイレージ移行以外の景品等へのポイント交換を申し込み(Gポイントなど)されると、「ボーナスポイント」内の有効期限が間近なポイントから交換(減算)され、それらを全て使い切った後に、「獲得ポイント(通常ポイント」のことです)内の有効期限が間近なポイントから交換(減算)されます

f:id:kuishinbousan:20170831211146p:plain

▼ANAカードのポイント減算順位も示しておきます。

Gポイントは、「ANAマイレージ移行以外のポイント交換」

に該当します。

f:id:kuishinbousan:20170831211409p:plain

▼実際にボーナスポイントを交換してみます。

通常ポイントを交換した時と同様、ログインしましたら、左サイドメニュー一覧(PCの場合)の「ポイントを確認・交換する」をクリックします。

先程、移行可能な通常ポイント全てをANAマイルに交換しましたので、【1】の残高が減算されています。

交換するのは

【2】の2,532ボーナスポイント

です。

f:id:kuishinbousan:20170831211954p:plain

▼下にスクロールし、右側の「ポイントを使う」をクリックします。

f:id:kuishinbousan:20170831212307p:plain

▼右側に表示の「ポイント移行」をクリックします。

f:id:kuishinbousan:20181229180129p:plain

▼「Gポイント」をクリックします。

三井住友Vpassボーナスポイント移行先

▼「お申し込みはこちら」をクリックします。

ポイントは200ポイント以上100ポイント単位です。

f:id:kuishinbousan:20181229180722p:plain

▼申込ワールドプレゼントのポイント欄に誤って2800と記載しています。

ここは、本来なら「2500」と記載すべきところです。

「ご利用可能ポイント残高 2,819ポイント」は、【1】の通常ポイント287ポイントも含まれていますのでボーナスポイントと一緒に交換しないよう注意しましょう

【間違い例】

f:id:kuishinbousan:20181229181106p:plain

f:id:kuishinbousan:20181229181103p:plain

最後に「確認する」をクリックすれば、最終確認画面に遷移しますので、「決定する」ボタンをクリックし移行の手続きは完了です。

無事移行できたか、Gポイントサイトのポイント通帳画面(即時反映)で確認しましょう

f:id:kuishinbousan:20170831213911p:plain

以上で、通常ポイントとボーナスポイントの交換手続きは完了です。ボーナスポイントだけは、ANAマイルに交換するまで、さらに、Gポイント→LINEポイント→メトロポイント(ソラチカカード)→ANAマイルへの移行作業が残っていますので忘れずに交換するようにしてください。

ポイントを交換するタイミングも非常に重要ですので、分からない方はこちらの記事を参考に交換してみてください。

まとめ

今回は、ANA VISAワイドゴールドカードの

  • 通常ポイントとボーナスポイントの交換要領

についてご紹介しました。ANAマイルへ交換するには、この

  • ANA VISAワイドゴールドカード

はポイントサイトで貯めたポイントをANAマイルへ移行する際の経由先として必須のクレカとなります

また、ショッピング決済専用としても、最大1.648%ですのでは非常に優秀なカードです。

ポイントサイト(ハピタスポイントインカム)で貯めたポイントの経由先として、かつ、ショッピング決済専用のカードとしてダブルで活用していくことをオススメします。

なお、JALマイルを貯めたい場合のポイントサイトはモッピーがオススメです。モッピー からJALマイルへは直接交換可能(還元率80%)です。因みにANAマイルの還元率は、ハピタス、モッピー 、ポイントインカム、ポイントタウンともに81%です。

  • ANA VISAワイドゴールドカード発行される場合は、次の記事を参考に申し込み頂くと、ANA公式HPから直接申し込むより2倍多い4,000マイルを獲得することができます。
  • また、これからANAマイルをガンガン貯めようと考えている方は、迷うことなく上記ゴールドカードとソラチカと呼ばれる「ANA TO ME CARD PASMO JCB」をセットで発行されることを強くオススメします。

なぜ、このソラチカを強く勧めるのか、その秘密はこちらの記事でご紹介しています。

ソラチカは、ANA VISAワイドゴールドカード同様、下記記事から申し込み頂くと、ANA公式HPから直接申し込むより1.5倍多い1,500マイルを獲得することができます。

ハピタス、モッピー 、ポイントタウンは以下のバナーから登録することができます。

ハピタスはこちらから登録できます。使い勝手がよく人気の老舗ポイントサイトです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ANA、JALどちらにも強い味方のモッピー です。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ポイントサイトの中で唯一ANAマイルへ最短ルートで交換できるポイントタウンです。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

以上、ご参考までに。