オススメのポイントサイトでANAマイルがみるみる貯まる!

飛行機に乗らずANAマイルを大量に貯めることができる方法があるのですが、皆さんはその方法をご存知でしょうか?

おそらく、多くの方は知らないのではないかと思います。私もつい最近まで知りませんでした(^^;

ANAに乗る機会はこれまでに年何回かあり、クレジットカード(クレカ)を活用しショッピングなどの決済で貯めたポイントを都度マイルへ交換してきたのですが、それでも年200万のクレカ決済で貯まるANAマイルはせいぜい2万マイルほど。特典航空券に換えることができると言っても、羽田ー那覇間 1人/1往復/年ほどにしかなりません。

このため、もっと効率の良い方法があるのではと調べましたところ、その方法をようやく見つけることができました^^

今回は、今私が実践している飛行機を利用しなくても爆発的にマイルを貯めることができる方法(裏技)について詳しくご紹介していきます。

効率よくANAマイルを貯めるために、最初にポイントサイトに登録する

「ポイントサイト」という言葉を初めて耳にする、という方もいるのではないかと思います。

ポイントサイトは、現金や電子マネーに交換できるポイントを貯めることができるサイトのことで現状私の知る限り46サイトあります。仕組みは至って簡単で、このポイントサイトを活用しマイルを爆発的に貯めていきます。

例えば一例ですが、普段、皆さんがよく利用されている楽天などの通販サイト(利用できるサイトはポイントサイトにより異なります)や、じゃらんなど、これら公式サイトに直接アクセスするのではなく、ポイントサイト経由で通販サイトなどの公式サイトにアクセスすることによりポイント(現金やマイル、各種電子マネーにも移行可能)を貯め、ここで貯めたポイントをマイルへ変換していきます。

公式サイトにアクセスする前にポイントサイトを経由するとなると一手間増えてしまいますが、例えば楽天やじゃらんであれば、ポイントサイトのポイントのほか、これらサイトのポイントも同時に貯めることができます。さらに決済方法がクレカであれば、カードのポイントも貯まり、ポイントの2重、3重取りが可能となります。

もちろん冒頭で触れた46サイトの全てを利用する必要はありません。利用するサイトが増えてしまえば当然、サイトの数だけポイントが分散され、せっかく貯めたポイントを無駄にしてしまいます。そうならないためにも最大3つのポイントサイトの登録に留めておくのが賢明でしょう。中でもオススメは、ハピタスモッピー  、ポイントタウンです。いずれも登録料、会費といったものはかかりませんのでご安心ください!

参考までに、ポイントサイトの多くは、貯めたポイントを現金に換えることも可能です。なかでもハピタスは、ゆうちょ銀行を含む全金融機関に振り込むことが可能です。しかも、振込手数料無料(ハピタス負担)です。

こんな素敵なサービスが用意されていますので是非ご活用頂ければ、と思います。

私の場合、現金よりもマイルが目的(JALマイルの方はモッピーがオススメ)ですので、紹介したポイントサイトを活用し年軽く20万マイル以上獲得しています。羽田ー那覇間のANA通常期の往復に必要なマイル数が18,000マイルですので、毎月、羽田ー那覇間を往復することが可能です^^

海外であれば、日本ーハワイ間を少なくともビジネスクラスで3往復することができます。

先程ポイントサイトの登録は、最大3サイトとお伝えしましたが、たかだか3サイトと侮ってはいけません。これがマイルを貯める大きな原動力となっていきます。例えば、貯めた20万マイルをANAスカイコインに変換(1.7倍で計算)すると34万スカイコインとなります。航空券を購入する場合は、1スカイコイン=1円として計算されますので、現金に換金するよりもずっとお得です。このため、私は貯めたポイントの殆どをマイルに変換しています。それでもポイントが余ることもありますので、そうした場合は現金に換えることもあります。

まさかと思う方もいるかもしれませんが、実践して頂ければ分かります。是非その凄さを私同様体験して頂き、家計の節約に繋げて頂ければ、と思います^^

マイルを爆発的に貯めるためにポイントサイトの紹介制度を最大限に活用する!

ご紹介した3つのポイントサイトの利用により、これまでのやり方を大幅に見直したところ、その効果は2ヶ月目(2018年4月1日以降ルートが大幅に変更となり現在は約4ヶ月の移行期間を要しますので、以下「4ヶ月」とします。)から顕れはじめました。

4ヶ月というのは、ポイント移行にある程度の時間を要するためですが、毎月、貯まったポイントを移行していけば、4ヶ月目以降からは毎月マイルを獲得することが可能となります。

私の場合、このポイントサイトだけで毎月18,000マイルずつ積み上がり続けている状況で、年間の実績は、18,000マイル×12ヶ月分ですから216,000マイルになります。”毎月の航空券代が無料”に、しかも”費用をかけることなく”毎月18,000マイル+余剰ポイント(主に現金化)を獲得している状況です(^-^)v

この用をかけることなく”というのが紹介制度(以下の「マイ友プログラム」、ポイントサイトの紹介プログラム(「ハピ友」など)のことであり、ポイントの獲得はこの紹介制度によるところが一番大きいです。

ANAのマイレージ、2019年1月に獲得したマイルの一部です。マイ友プログラムはANAのクレカを私のサイトを経由し発行した際に紹介手数料として獲得したマイル(1,000マイル=500+500)です。同カードを申し込まれた被紹介者の方も500マイル付与されます。ANAの公式HPなどから直接申し込まれた場合は付与対象外となりますのでwin-winの関係ですね^^

「東京メトロポイント移行マイル」が、毎月付与されている18,000マイルです。これが毎月積み上がることとなります。

ANA18000マイル・マイ友プログラム

ハピタスの私の通帳です。2019年2月5日に私のサイトからご登録頂いた方(ハピタスの紹介プログラムで「ハピ友」と呼ばれています)からの報酬24,821pt(24,821円相当)を示しています。既にお気付きだと思いますが、当サイトにポイントサイトのバナーやリンクを貼っています。そこからご登録頂いた方が、例えばハピタスの広告を利用し、10,000ptその方が獲得すると、その40%分の4,000ポイントが私に自動的に付与される仕組みとなっています。10,000pt獲得されたご本人のポイントが減らされることはありませんのでご安心下さい。

報酬額としては私はまだ少ない方ですが、多い方は恐らく7桁の額を稼いでいるのではないかと思います。

ポイントサイトは、後述するようにご自身で広告を利用しポイントを獲得することができるのは勿論のことですが、ここの紹介制度の報酬は半端ではありません。費用をかけることなく、ポイントを獲得できるというのは非常に魅力的です。是非皆様もこの紹介制度を活用して頂ければ、と思います。活用するためにはブログでの情報発信が一番です。寝ている間も、読者からの登録があり、新たにそこから報酬が発生するという流れになっていきます^^

ハピ友ポイント

ハピタスの紹介プログラムです。

ハピ友ポイントの計算方法

話を戻しますね。先程触れた216,000マイルですが海外に目を向けた場合にどれくらいの価値になるのか分かりやすい例がありますので紹介させて頂きますと、日本ーハワイ間に必要なマイル数はエコノミーで往復4万マイル、ビジネスクラスで往復65,000マイルが必要となります。なので、エコノミーであれば年5回、ビジネスクラスであれば年3回往復することができるマイル数となります。

これまでやっとこさ年間2万マイルという状況でしたので、やり方を見直したことでこれまでの10倍、あるいはそれ以上のスピードで効率よくマイルを貯めることが可能となりました。

もっと早く気付くべきだったと後悔しています(^^;

ハピタスはこちらからご登録できます。使い勝手がよく人気の老舗ポイントサイトです。

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ANA、JALどちらにも強い味方のモッピー です。

モッピー!お金がたまるポイントサイト

ポイントサイトの中で唯一ANAマイルへ最短ルートで交換できるポイントタウンです。

ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

ハピタス、モッピー 、ポイントタウンのポイントがANAマイルになるまで(図解)

ハピタス、モッピー 、ポイントタウン登録後の利用の流れですが、図解で示すと次のようになります。「新LINE/ソラチカルート」と呼ばれています。毎月18,000マイルにするためには、ポイントサイトによってルートが異なりますが、それぞれのルートに載せマイルに変換していくことになります。今後、本格的にマイルを効率よく貯めていこうとする場合には、この流れが、基本となりますので是非覚えておいて下さい。一度覚えてしまえば簡単ですし、この図を手元に置いておけば迷うことはありません。ご活用下さい。

LINEソラチカルート

新LINE/ソラチカルート」のANAマイルへの効率率は現在81.0%で、現状これ以上の交換レートは存在しません。このレートが最高だと思って下さい。

関連記事をご紹介しています。こちらも併せてお読み頂ければより理解が深まると思います。

新LINE/ソラチカルート」を利用するためにはクレジットカード

◾️ANA VISAワイドゴールドカード(ルートの「その5」です)
◾️ANA TO ME CARD PASMO JCB(通称「ソラチカカード」、ルートの「その8」です)

が必須となります。これら2枚のカードを新規に申し込まれる際には、紹介者特典として下記の2記事に沿って申し込みを頂くだけで、通常の入会特典のボーナスマイルに「ANA VISAワイドゴールドカード」であれば2,000マイル、ソラチカカードの場合は500マイルと、さらにマイルが加算されます。ANA公式HP、三井住友公式HPなどから直接申し込まれた場合は加算されませんのでご注意ください。これが、先ほど紹介しました「マイ友プログラム」のことです。

【参考】「新LINE/ソラチカルート」でのマイル交換率は81%ですから、例えば、ハピタスで20,000ポイント(20,000円相当)は、16,200マイルになります。そしてその価値は、通常、1ANAマイルの価値は概ね2円で換算できますので、16,200マイル=32,400円ということになります。

2円の根拠は、ある区間のフライトに必要な特典航空券のマイル数とその区間の航空チケット代を参考にすれば簡単に算出できます。

例えば、東京、大阪間の通常期(レギュラーシーズン)の片道運賃は25,200円で、これを特典航空券で賄おうとすると6,000マイルが必要になりますから、単純に割り算すれば、1マイル=4.2円の価値になります。優に2円を超えますね^^

したがって、ご紹介したポイントサイトの活用として、一番のオススメは、飛行機を利用される方であれば、現金に換えるよりもマイルへ移行した方がずっとお得ということになります。

一方、自分は飛行機は利用しない、現金に換えた方が良いという方は、ハピタスを利用される場合は、ハピタス登録後Pollet(ポレット)カードを作っておくことをオススメしています。発行手数料はかかりませんし、ハピタスで貯めたポイントをポレットにチャージし利用することができます。また、このポレットには、VISAが付加されていますので対象店舗であればこのカードでチャージした金額の範囲内でショッピングすることが可能です。さらにポイントをポレットにチャージする都度、0.5%上乗せされますので、どうせ支払いとして利用されるのであれば、換金するよりもポレットにチャージし、利用した方がお得です。

私の場合は、毎月貯めたポイントが18,000マイルに移行してもなおポイントに余りがでるため、このポレットにチャージし、スーパー、コンビニ、飲食店などの支払いに充てています。

モッピー からJALマイルへの還元率は80.0%!

モッピー JALマイル

モッピー →JAL 80%還元率

各月に利用した広告の合計ポイントが15,000ポイント以上で12,000ポイントをJALマイルへ交換すると、その後4,500マイルがポイントバックされますので、実質7,500ポイントで6,000マイルへ交換できることになり、80.0%の還元率になります。

JALマイル希望の方は、モッピー がオススメです。交換はさらに単純でモッピー から直接JALマイルへ交換申請するだけです。JALマイルへの還元率は80%(ポイントサイト最強の還元率)ですが、その高還元率を実現するためには以下の3条件が必要です。条件のいずれか1つでも欠けてしまうと50%の還元率になってしまいます。

JALマイル80%還元率の3条件

JALマイル還元率80.0%を達成するためには3条件(いずれかの条件を満たさなければ50%)
POINT WALLET VISA PREPAIDを所有
・JALのマイルに12,000ポイント以上を交換申請
・モッピー にて各月合計15,000ポイント以上広告を利用

それぞれのポイント移行期間は、どれ位の時間がかかるの?

ハピタスのポイントをANAマイルへ移行する場合

ハピタスのポイントをPeXに移行するまでの所要期間は、土日祝祭日を除き、交換申請の翌日より3営業日以内です。

PeXからワールドプレゼント(ボーナスポイントとして加算)への移行期間は、約1ヶ月です。

ワールドプレゼントのボーナスポイントからGポイントへの移行期間は、ほぼリアルタイムです。

GポイントからLINEポイントへの移行期間は、2〜3日です。

LINEポイントからソラチカカードのメトロポイントへの移行期間は、毎月15日締めの翌月10日頃に移行となりますので約1ヶ月です。メトロポイントへの反映は毎月11日頃です。

ソラチカカードからANAマイルへの移行期間も同じく、約1ヶ月かかります。

なので、もうお分かりだと思いますが、最初の交換に要する期間は約4ヶ月を要することになります。しかし、これを毎月繰り返すことにより、4ヶ月目以降から、毎月マイルが貯まるようになります。

なお、「新LINE/ソラチカルート」をご覧頂ければお分かりのとおり、ポイントタウンの場合はいきなりLINEポイントに移行できるのでより短い期間でマイルへ移行することができます。

モッピー のポイントをJALマイルへ移行する場合

モッピー からJALマイルへの交換期間については、1日から15日の交換申請分は当月末まで、16日から末日の交換申請分は翌月15日まで、となっています。早いときは2週間くらいで反映しますが、タイミングによってはそれ以上の期間がかかる場合があります。遅くても4週間以内には反映することがほとんどですが、4週間を過ぎてもなかなか反映されないときは、問題がある可能性もありますので、モッピーに問い合わせをされた方がよいでしょう。

ハピタス、モッピー 、PointTown(ポイントタウン)の仕組み

ハピタス、モッピー 、ポイントタウン、いわゆるポイントサイトの仕組みについてさらっとご紹介しておきますね。
ポイントサイトは、図で示したとおり、
広告主から様々な広告を集め、私たちユーザーに広告を利用してもらうことで、広告主から報酬を得、その広告主から得た報酬の一部をサイト利用者である私たちにポイントとして還元しサイト運営を行っています。 

言い換えれば、ハピタス、モッピー 、ポイントタウンのHP上に広告主が掲載している広告案件、例えばお買い物、資料請求、各種サービスに私たちが登録及び利用したりすることで、私達にポイントが還元される仕組みとなっています。

ポイントサイト還元の仕組み

ハピタス、モッピー 、ポイントタウンを利用するのに費用はかかるの?

ハピタスやポイントタウンに登録する際の登録手数料や貯まったポイントを現金や電子マネーなどに交換する際の手数料は一切かかりません。全金融機関が対象のハピタスや大手金融機関が対象のポイントタウンについては、自分の指定口座への振込手数料を含めた各種交換手数料は、全てハピタスポイントタウンが負担します。モッピーは、貯まったポイントを電子マネーに交換する際の手数料は一切かかりませんが、現金に交換する場合は、PayPALを除き若干ですが手数料がかかります。

ハピタス、モッピー 、ポイントタウンで貯めたポイントの交換先一覧

ハピタスの場合

ハピタス交換先全一覧です。交換手数料の欄を見て頂ければ分かると思いますが、そこにランクに関係なく0PTと表示されています。これは、ポイント交換手数料無料ということを示しています。

ハピタス1pt=1円

ハピタス交換先Pollet-Amazon

Amazonギフト券 2%増量中!

ハピタス交換先楽天-Apple

App Store & iTunes コード 2%増量中!

Google Play ギフトコード

ハピタス交換先GooglePlay-nanaco

ハピタス交換先楽天Edy-ハピタスコミック

ハピタスコミック

ハピタス交換先bitcoin-WebMoney

ハピタス交換先BitCash-PeX

ハピタス交換先NetMile-mobageモバコイン

ハピタス交換先ドットマネー-現金

モッピー の場合

モッピー交換先全一覧です。モッピー はギフト券、電子マネー、他社ポイントに交換する場合は交換手数料「無料」です。

モッピー 1pt=1円

POINT WALLET VISA PREPAID

モッピー 現金に交換

モッピー現金に交換続き

モッピー 交換先ギフト券1

モッピー 交換先ギフト券2

モッピー 交換先電子マネー1

モッピー 交換先電子マネー2

モッピー スマホ限定交換先・他者ポイント

PointTown(ポイントタウン) の場合

ポイントタウン交換先全一覧です。ポイントタウン はハピタス同様、現金に交換する際(ゆうちょ、各種銀行等下記交換先全て)の振込手数料は無料です。

ポイントタウン20pt=1円

ポイントタウン交換先ゆうちょ銀行

電子マネーに交換する場合も無料となりますが、交換先によってはさらに上乗せして還元されています^^

下記はAmazonの例です。

ポイントタウン交換先Amazon

ポイントタウン交換先オススメ

ポイントタウン交換先現金・電子マネー

ポイントタウン交換先各種ポイントマイル

ポイントタウン交換先募金・商品

ポイントサイトで、23,000円も貯めることは可能?

次の内容をこなすことで、ポイント大量獲得が可能です。

その1:クレジットカードの新規申し込み


クレジットカードは新規申し込みに限られますが、カード発行の審査を無事通過し、発行できれば、一撃で数千から数万のポイントが付与されます。ハピタスでは、1ポイント=1円ですので、10,000ポイントが付与される案件では10,000円になります。これで獲得したハピタスポイントを現金10,000円ではなく、マイルに交換したい場合には、「新LINE/ソラチカルート」を経由することにより8,100マイルを獲得できます。
通常、JACCSエクストリームカードのクレジットカード決済のみで9,000マイルを獲得するためには、約670,000円のカード決済が必要となりますので、費用かけず獲得できる分、その効果は大きいです。

この他、高額ポイント獲得のメニューとして次のような案件もあります。

その2:保険相談の利用

無料の保険相談を受けるだけで、10,000ポイント近いポイントを獲得できる案件もあれば、中には、契約成立がポイント獲得の前提となっているものもあります。
私のハピタスのマイページの通帳画面(下図)に記載の「ほけんのFP」
は、
 無料相談面談+アンケート回答のみ
で、
 9,800ポイント(7,938マイル)獲得
できる案件でした。
画面上の状態欄では、判定中となっており承認待ちとなっていますが、これが有効の表示に変われば、右に表示されるポイントが付与される仕組みです。
(追記)ほけんのFPについては、9,800ポイント付与されました。

その3:ショッピング


私のハピタス通帳には、「manaraの商品」がありますが、この商品は、90%還元で7,462ポイント(6,044マイル)付与されました。必要な商品がハピタス上にあれば、換金を希望されるのあれば、お安くお買い物ができるため大変お得とも言えますし、マイルを貯めたい方であれば、効率よく貯めることができます。

また、ハピタスのトップ画面には、楽天、yahooのリンクがあります。

f:id:kuishinbousan:20190203205745p:plain

楽天で買い物する場合にこのハピタスを経由するだけで、
  ・楽天ポイント
  ・ハピタスポイント
  ・クレカ決裁によるポイント
のポイント3重取りが可能となります。

その4:FX新規口座開設の申し込み

下記通帳に記載のとおり、「DMM.com証券」の申し込みをしました。運用目的でなく、あくまでポイント獲得のために申し込んだものです。FX関係は、かなりポイントが高めに設定されていますが、過去に口座を作られていた方は、残念ながらポイント付与の対象外となります。

その5:その他

ハピタスには、その他にも多数のメニューが用意されています。例えば、
    通信・プロバイダー
これは、ポイントが高めに設定されている分、契約を検討中の方は狙い目でしょう。
また、以上、ご紹介したメニューと比較するとポイントは下がりますが、

    美容・エステ
    資格・教育
    引っ越し・不動産
    自動車保険一括見積
などもあります。

ハピタスのマイページの通帳画面

まとめ:マイルを爆発的に貯めるための方法

今回は、マイルを爆発的に貯めるためにポイントサイトの活用についてまとめてみました。マイルを爆発的に貯めるということは、ポイントサイトのポイントを爆発的に貯めるということですから、その活用はマイルだけでなく、他(現金、電子マネーなど)でも十分に活用することができます。

もう一度振り返るとポイントサイトのポイントを爆発的に貯めるためには、以下のポイントを押さえておく必要があります。

  1.  マイル(ANA、JAL共通)を効率よく獲得していくためにはポイントサイトの活用は必須
  2.  JALマイルを貯めたい方はモッピーがオススメ
  3.  ANAマイルを貯めたい方はハピタスモッピーポイントタウンがオススメ
  4.  マイルを爆発的に貯めるためにポイントサイトの紹介制度を最大限に活用する
  5.  ポイントサイト経由のクレカ新規申し込み、保険相談の活用、ショッピング、FX新規口座開設の申し込みなどでもポイントの大量獲得ができる
  6.  ポイントサイト経由のショッピングはポイントの2重、3重取りに繋がる
  7.  ポイントサイトの利用により獲得したポイントは現金、電子マネー、ギフト券、マイルに交換することができ、家計の節約に繋がる
  8.  ANAマイルに交換するルートは、新LINE/ソラチカルートを活用し81.0%の還元率でポイントをマイルへ変換する
  9.    ANAマイルへ最初の交換に要する期間は約4ヶ月を要することになるが、これを毎月繰り返すことにより、4ヶ月目以降から、毎月マイルが貯まるようになる

ポイントサイトで貯めたポイントをANA、JALマイルへ最短で交換するタイミングについては以下の記事でご紹介しています!どうぞご活用ください。