【重要】2019年12月ソラチカルート閉鎖に伴い陸マイラーが保有すべきクレカは「ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード」を推奨!

2点改悪のお知らせです。
【改悪その1】
2019年12月27日をもってソラチカルート閉鎖(改悪)が決定

この閉鎖により

LINEポイント→メトロポイントへのポイント移行が不可

となるため、閉鎖日以降、ボーナスポイントを通常(1ポイント=3マイル)より35%増の4.05マイル交換が不可となります。

GポイントやLINEポイントを貯めている方は、12月中にメトロポイントまで交換することをおすすめします。

【改悪その2】
「ANA VISA/Masterワイドゴールドカード」の年間カード利用額によるステージ制度のボーナスポイントが2021年1月末をもって終了

この影響によりANA VISA/MasterワイドゴールドカードのANAマイル還元率は

最大1.648%から1.35%にまで低下

します。この1.35%はANA VISA一般カードやANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードと同じ還元率になります。
このため、ANA VISA/Masterワイドゴールド還元率でのメリットがなくなりますのでご注意ください。

上記各種改悪によってANA VISAカード全般のマイルの還元率が下がってしまったことを考えますと、年会費の安いカードを選択するのも有力な候補です。中でもANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード(ANA TOKYUカード)はTOKYUルートが使えるため、非常におすすめです

ソラチカルート還元率81%の閉鎖によって、これからはTOKYUルート還元率75%でANAのマイルを貯める方法が主流になります。
そしてTOKYUルートを利用するためには、ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードを保有しておく必要があります。
TOKYUルートの詳細は以下の記事で解説しています。

▼ANAマイル(JALマイルはモッピー がオススメ)を効率よく貯めるポイントサイトです。

こちらのサイトは上記改悪が実施されてもマイルを貯める元となるポイントサイトに依然変わりありません。
登録頂いて大丈夫(寧ろ推奨)です。

↓現在、新規登録キャンペーン中↓
モッピー
・2,550円分プレゼント:12月31日までの登録の方が対象

・キャンペーンの詳細は▼こちらから。

ハピタス
・登録後7日以内のハピタスサービス利用で400円分プレゼント

ポイントタウン

ポイントインカム
・300円分プレゼント
・登録だけで200円+登録翌々月までの初めてのポイント交換で100円

ちょびリッチ
・登録月の月末までに1ポイント以上獲得で250円分プレゼント

↓2019年12月27日(改悪前)まで適用可能となる記事です。

〜〜〜〜〜▼ここから▼〜〜〜〜〜

飛行機に乗らずマイルを爆発的に貯めていく。そのためには、ソラチカ経由、所謂ソラチカルートでANAマイルへ交換していく方法が最も効率のいい方法でした。しかし、そのソラチカルートが、2018年4月1日から大幅に改正(改悪)されました。

今回の大改正は陸マイラーに大きな衝撃を与えましたが、その内容&改正後の対策として

2018年4月1日以降の新たなルートについて解説

していきます。

2018年4月ソラチカ改正前の黄金ルート(ソラチカルートは2018年3月31日をもって終了)

初めに、2018年3月31日まで適用される、改正前のルートです。
各種ポイントサイトで獲得したポイントは、中継サイト、ソラチカ経由により90%でANAマイルに交換することができました。

 

f:id:kuishinbousan:20180624143333p:plain

何が変わったのか? ソラチカ改正(改悪)の概要

2018年4月1日から適用される、東京メトロより発表(2018年1月9日)された衝撃的な内容は次のとおりです。


平素はTo Me CARDWOご愛顧WOいただきまして誠にありがとうございます。

この度

ドットマネー
Gポイント
PeX
ネットマイル

との提携サービスは、2018年3月31日をもちまして終了させていただくことになりました。
つきましては、サービス終了日以降は、「ドットマネー、Gポイント、PeX、ネットマイル」から「メトロポイント」へのポイント交換サービスHAご利用いただけません。
長らくご愛顧を賜りましたお客様には、サービスNO終了によりご迷惑をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。
これまでご愛顧いただきまして、誠にありがとうございました。

2018年4月1日以降、何が変わったのか具体的に示したのが▼次の図です。

 

f:id:kuishinbousan:20180321134107p:plain

ソラチカルート(ANA TO ME CARD PASMO JCB:メトロポイント)への入口は、2018年3月31日をもって廃止されました。

ただ、完全に封鎖されるわけではありません。これまでの90%というマイル交換率からは若干落ちますが、それでもかなりの高レートで交換できる新ソラチカルート81%)が唯一残されているためです。将来的には、このルートも廃止されることになるかもしれませんが、一つ言えることは、現状、ソラチカに変わる強力な代替ルートであるということです。陸マイラーの多くが、今後この新ソラチカルート(細部は後述)を活用することでしょう。

まとめると、次のようになります。

  1. 2018年3月31日までは、上図のソラチカルートではANAマイル交換レートは90%
  2. 2018年4月1日以降は、下図の新ソラチカルートによりANAマイル交換レートは81%

4月1日以降は、この唯一残されたルート、▼新ソラチカルートを活用し、マイルを貯めていくことがベストの選択となります。

f:id:kuishinbousan:20180321141426p:plain

LINEポイントからメトロポイントに0.9倍
メトロポイントからANAマイルに0.9倍

となるため、各種ポイントサイトで貯めたポイントは81%でANAマイルに交換できることになります。

2018年4月1日以降は、この新ソラチカルートが最適ルートとなりますので、しっかり理解し、実践してください。それでは以下紹介していきます。

2018年4月1日以降、利用すべき新ソラチカルート(新ソラチカルートは2019年12月27日まで)

従来のソラチカルートと比較すると間を経由するサイトが3つ増えてしまい、若干の手間がかかってしまいますが、高いレートで還元していくためには、仕方がありません。慣れてしまえば、それほど苦にならないことでしょう。また、このルートを使ってもこれまでと変わらず、年間最大216,000マイルを貯めていくことは可です。

補足:メトロポイント(その8)からANAマイルへの月間移行上限が、20,000メトロポイントであるため、その9掛けで18,000マイルとなります。結果、18,000マイル✖︎12ヶ月=216,000マイルとなります。

新LINEソラチカルート

赤枠は登録必須のサイト(その5とその8は、クレジットカード)、赤矢印は推奨(最短)ルートです。

まだ未登録の方、これから陸マイラーとして活動される方は、▼下記から登録することができます。新規登録の場合のみ最大1,000円相当をゲットすることができます!

以下、見出しの「その1〜その8」は、図1の「その1〜その8」にそれぞれ対応しています。

その1 登録必須のサイト

モッピー 

Gポイントに等価で直接交換できる数少ないポイントサイトの一つです。
高額案件(年会費無料のクレカ発行、100%還元など多数)や友達紹介制度が充実している他、JAL(還元率実質80%)との相性も非常にいいモッピーですので、JAL派には、このモッピーの登録は必須です。ANA派も、もちろん登録必須です。

モッピー ドリームキャンペーンJALマイル80%還元率

↓モッピー↓モッピー!お金がたまるポイントサイト

モッピーは、2019年12月31日までの登録で最大2,550ポイント(2,550円相当)プレゼントキャンペーン開催中です。
ANA、JALどちらにも強い味方のモッピー です。

モッピー 新規登録で2000円分プレゼント

ちょびリッチ

モッピー 同様、Gポイントに等価で直接交換できる数少ないポイントサイトの一つです。ちょびリッチは、2018年4月2日からGポイントへ直接等価で交換可能となりました。

ちょびリッチは、現在、新規登録キャンペーン中で、僅か、1ポイント以上獲得(登録月の月末まで)で250円相当獲得できます。さらに、毎日発表される「ちょび新聞」で高額ポイント当選のチャンスも!

↓ちょびリッチ↓サイフもココロもハッピーに!ちょびリッチ

その2 登録必須のサイト(ポイントタウン)

ANAマイル最短ルートのポイントサイトです。
LINEポイントに等価で直接交換
できる数少ないポイントサイトの1つです。
高額案件も豊富で、飲食店で覆面モニターをしてポイントを稼ぐこともできます。中には、100%を超えるモニター案件もあります。実質、無料で食事できるということも可能となります。

f:id:kuishinbousan:20180324162950p:plain

↓ポイントタウン↓ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン

その3 登録必須のサイト

ハピタス

陸マイラーに多く愛されているポイントサイトの一つです。
友達紹介制度による最大還元率は45%です。

▼登録後7日以内のハピタス利用で400ポイント(400円相当)プレゼントされます。

↓ハピタス↓

その買うを、もっとハッピーに。|ハピタス

ポイントインカム(Point Income)

当サイトはポイントインカムとコラボ中のため、通常の3倍の300円分のポイントがプレゼントされます。

↓ポイントインカム↓

ポイントサイトのポイントインカム

その4 登録必須のサイト( PeX)

PeXは、こちらからご登録できます。

その5 登録必須のカード( 三井住友VISAカード)

LINE/ソラチカルートを利用するためには、ワールドプレゼントポイントが付与される三井住友VISAカード(一般カード、ゴールド、プラチナどれでも可)を保有している必要があります。

その中でオススメのカードは

 ANA VISAワイドゴールドカード(年会費:14,000円 税別)

           f:id:kuishinbousan:20170402185352p:plain

です。

このANA VISAワイドゴールドカードであれば、手数料なしで1ポイント=10マイルで交換可能となるからです。

一般カードでも、1ポイント=10マイルの交換は可能ですが、移行手数料として年間6,480円が別途かかります。このため、一般カードの年間維持費は、年会費2160円を含めた8,480円となり、ゴールドカードの割引適用後(後述)の金額と比較すると、その差は僅か1,000円程となります。

継続ボーナスだけでも一般カードより1,000マイル多い上、フライトボーナスマイル25%(一般カード10%)、付帯保険といったゴールドカードの特典を考慮すれば、ANA VISAワイドゴールドカードの保有がベストでしょう。

SFC(スーパーフライヤーズ)会員の特典は大きい!

また、将来的にANAラウンジの利用や優先チェックイン・搭乗などの特典を得られるSFCの取得を検討されているのであればゴールドカードであるこのカードを事前に取得しておくとSFCカードへの切り替えがスムーズ(審査なし)となりますのでオススメします。

SFCの特典の詳細については▼こちらを参考にしてください。

なお、一般カードでも交換手数料なしでANAマイルに交換することは可能ですが、この場合1ポイント=5マイルで計算されます。

還元率は、ゴールドカードと比べると半分となってしまいます。

ANA VISAワイドゴールドカードの年会費を下げるには?

【ANA VISAワイドゴールドカードの年会費を下げる方法】

ANA VISAワイドゴールドカードの年会費は、14,000円(税別)と割高ですが、以下2つの割引制度

  • WEB明細書サービスで1,000円割引(税別)
  • マイ・ペイすリボへの登録+ご利用で 3,500円割引(税別)

の利用により、4,500円(税別)の割引が適用され、年会費を9,500円(税別)にまで抑えることができます。

マイ・ペイすリボを活用した裏技

マイ・ペイすリボの裏技(利息を数円で済ませ、ボーナスポイントを獲得する方法)は、次の記事でご紹介しています。

【参考】
▼三井住友Vpassログイン後の「ポイント残高照会」です。
【2】プレミアム・ボーナスポイント(ボーナスポイントのことです)を活用することにより、三井住友が推奨する通常のルート(直接ANAマイル交換)より、さらに
お得なレートでマイルに交換することができます。

f:id:kuishinbousan:20180324090850p:plain

例えば、▲【1】獲得・調整ポイント(通常ポイントのことです)は、1ポイント=10マイルで直接ANAマイルに移行できますが、【2】プレミアム・ボーナスポイントは、通常ポイントと異なり直接ANAマイルへ交換すると、1ポイント=3マイルとなってしまいます。

ボーナスポイントに限っては、直接ANAマイルへの交換ではなく、より還元率を高めるため少し手間がかかりますがGポイント経由のLINE/ソラチカルートを活用していきます。

そうすると、直接ANAマイルへ交換した場合と比べ35%多い1ポイント=4.05マイルで交換することが可能となります。

この方法を知っているか知らないかで、ちりつもですが後々獲得できるマイルに大きな開きが生じることとなります

ANAカード発行でお得にマイルを獲得しよう!

「ANA VISAワイドゴールドカード」をこれから新規に発行される場合は、▼以下の記事を参考に発行しますと、紹介ボーナスとして2000マイル加算、合計4000ANAマイルを獲得することができます。直接公式ページからの発行申請は紹介ボーナスは付与されませんのでご注意ください。

まだ、保有されていない方は、この機会に発行しておくととよいでしょう。

参考:ANA VISAワイドゴールドカードの特典(一部抜粋)

  1.  入会時と毎年のカード継続時のマイル付与は、一般カードでは1,000マイルですが、このカードでは2,000マイルが付与されます。
  2.  獲得したポイントのマイル移行手数料は、一般カードでは、10マイルコース(1P=10マイル)6,480円となりますが、このカードでは無料となります。移行手数料が無料となる分、一般カードとの年会費の差は、上記年会費割引制度の適用を受けた場合、僅か1,000円となります。
  3.  国内・海外旅行傷害保険及び国内航空傷害保険の最高補償額5,000万円が自動付帯されているほか、国内空港のカードラウンジの利用ができます。

その6 登録必須のサイト( Gポイント)

Gポイント新規登録で50円分GET!できます。

Gポイントは、こちらからご登録できます。

Gポイント

交換手数料を無料にする方法

Gポイントのポイント交換手数料還元

★ポイント交換手数料還元制度★

Gポイント→LINEポイント移行した際の手数料5%は取り戻せる!

Gポイント→LINEポイントへのポイント交換は、5%の手数料がかかります。

が、Gポイントで対象ショップでネットショッピングをしたり対象案件のサービスを利用して、対象期間内に1件でもポイント獲得が完了していれば手数料は全額還元されます。

実質、Gポイント→LINEポイントへのポイント交換は手数料無料でできることになります!

★対象期間★

ポイント交換申請の前月1日~交換申請月の4か月後末日までに対象サービスでのポイント獲得が完了していれば、手数料が戻ります。

(例)2月に交換申請した場合は「1/1~6/30」の期間に対象サービスでのポイント獲得が完了していればOKです。

楽天やヤフーでのお買い物も対象案件なので、普段のネットショッピングをGポイント経由にするだけでOK!

その7 必須の LINEポイント

LINEポイントとは、JCBが加盟している店舗やLINEの各種サービスで貯めることのできるLINEのポイントサービスです。JCB加盟店で利用するためには、チャージ式のプリペイドカードのLINE Payカードを作る必要があります。

f:id:kuishinbousan:20180324153358p:plain

LINE Payカードは、手数料、年会費無料で、プリペイドカードという性質上、与信が不要なため年齢制限や審査はありません。何らかの理由でクレジットカードを持てない人でも発行することができます。
さらに、LINE Payカードには嬉しい利用特典があります。LINE Payカードの還元率は、最大2%、これは、通常のクレジットカードの還元率と比べても抜きん出ています。その利用方法は、LINEストア内のスタンプだけの購入に限らず、スーパー、コンビニ、ドラッグストアなどリアル店舗の利用やオンラインショッピングなどの買い物で、100円で最大2LINEポイントが貯まります。
日常のお買い物で、クレジット代わりに利用することで、ANAマイルをお得に貯めることができることでしょう。

LINE Pay還元率の仕組み

▼LINE Payの還元率は、「マイカラープログラム」というシステムによって毎月の利用実績によって異なる還元率が割り当てられます。

前月末までの1カ月分のLINE Pay利用金額によってマイカラーが判定され、それに応じて当月の還元率が決まる仕組みです。つまり、LINE Payを多く使えば使うほど、翌月のLINEポイントの還元率が高くなるというわけです。

【LINE Payマイカラー還元率】
LINE Payマイカラープログラム・最大還元率2%

  • チャージ式のプリペイドカード
  • 与信が不要なため年齢制限、審査はなし
  • 通常のクレジットカードの還元率を大きく上回る最大2%の還元
  • 全国のセブン銀行ATMにて、24時間365日LINE Payへのチャージ(入金)とLINE Payからの出金が可能。チャージは無料、出金手数料は216円。

全国の銀行・信託銀行の営業時間・手数料については▼の記事参照

LINE Payカードの申し込み方法

次のQRコードをスキャンすると、申し込みページにジャンプします。
カードのデザインを選び、名前と住所を入力してお申し込みください。
お申し込みから1週間〜2週間でカードが届きます。

f:id:kuishinbousan:20180324155951p:plain

その8 登録必須のカード(ソラチカカード)

新ソラチカルートを利用するためには、ANA TO ME CARD PASMO JCB、所謂ソラチカカードが必須です。

f:id:kuishinbousan:20170111222528p:plain

まだ、このカードをお持ちでない方は、下記記事の手順に従って発行すると、紹介ボーナスとして500マイル加算され、合計1500ANAマイルを獲得することができます。まだ、保有されていない方は、この機会に発行するとよいでしょう。

 

新ソラチカルートが閉鎖された場合の代替ルート

代替ルートについては、以下の記事で解説しています。

〜〜〜〜〜▲ここまで▲〜〜〜〜〜