年収600万円の手取りはどのくらい?月収や年代別の平均収入の実態をまとめてみた!

長年同じ企業に勤めていたり、数々の経験を積んできたりといった場合、「年収600万円」を目標に働いている人も多いのではないでしょうか。「家族を養っていても余裕がある」という人も多く、家や自動車などの資産を増やそうと考える人も。

そこで今回は、年収600万円の手取りは一体どれくらいなのかをご紹介します。同年代の平均収入と比べながら、一体いくら手元に残るのか計算してみましょう。

こちらの記事では、

  • 年収600万円の手取りはどのくらい?
  • 月収や年代別の平均収入の実態をまとめてみた!

 
についてご紹介します。

年収600万円の手取りはどのくらい?

年収600万円の手取り

 

年収600万円というとかなりリッチに思えますが、実際の手取り額はここから各種保険料や税金が引かれたものになります。まずはボーナスの支給がない企業の場合、月収がどのくらいになるのかを見てみましょう。

ボーナスがないと仮定すると、単純計算で月収は600÷12で50万円となります。総支給額に対する手取り額の割合は、一般的に75~80%といわれているため、以下のような計算式で導き出せます。

月収50万円の手取り額

・手取り額(75%の場合)=50×0.75=37万5,000円
・手取り額(80%の場合)=50×0.8=40万円

若干の違いはありますが、およそ37~40万円ほどが手取り額となります

一方、ボーナスがある場合は年収から引いて考えなくてはなりません。企業ごとにボーナス額が変わるため、「doda」が公表しているボーナス額の平均から算出してみましょう。

年代別ボーナス支給額の平均(doda調べ

・20代:夏30.6万円、冬28.6万円、その他3.7万円……計62.8万円
・30代:夏44.7万円、冬46.3万円、その他5.3万円……計96.2万円
・40代:夏48.5万円、冬50.4万円、その他5.0万円……計104.0万円
・50代:夏58.0万円、冬60.9万円、その他4.4万円……計123.3万円
・全体:夏47.0万円、冬48.5万円、その他4.7万円……計100.2万円

全体で見ると、年平均100万円ほどのボーナスが支給されていることがわかりました。つまり、年収600万円からボーナス分を引くと500万円。月収に換算すると41万7,000円ほどとなります

月収50万円の手取り額

・手取り額(75%の場合)=41万7,000円×0.75=31万2,750円
・手取り額(80%の場合)=41万7,000円×0.8=33万3,600円

ボーナス分を引いて考えると、手取りは約31~33万円となります。企業によってはもちろん、その年の業績などによっても異なるのがボーナス額。コロナ禍で普段よりも増えた・減ったという企業もありますが、少なくとも30万円以上はもらえると見てよさそうです。

▲ 目次に戻る

月収や年代別の平均収入の実態をまとめてみた!

年収600万円の手取り

 

続いて、一般的な月収の平均がどのくらいなのか調査してみました。特に男性の場合、年代によって収入額が大きく変わる傾向にあります。こちらは厚生労働省が発表した「令和2年賃金構造基本統計調査の概況」から引用したものです。

男性の年齢別収入

・~19歳:18万3,200円
・20~24歳:21万4,600円
・25~29歳:25万2,600円
・30~34歳:28万9,200円
・35~39歳:32万8,300円
・40~44歳:36万700円
・45~49歳:38万7,900円
・50~54歳:41万9,600円
・55~59歳:42万100円
・60~64歳:31万4,300円
・65~69歳:27万5,000円
・70歳~:26万500円

全体平均:33万8,800円

女性の年齢別収入

・~19歳:17万3,700円
・20~24歳:20万9,200円
・25~29歳:23万3,400円
・30~34歳:24万6,800円
・35~39歳:25万8,500円
・40~44歳:26万8,300円
・45~49歳:27万1,100円
・50~54歳:27万4,700円
・55~59歳:27万1,100円
・60~64歳:23万2,000円
・65~69歳:21万5,500円
・70歳~:21万7,300円

全体平均:25万1,800円

全体の年齢別収入

・~19歳:17万9,600円
・20~24歳:21万2,000円
・25~29歳:24万4,600円
・30~34歳:27万4,400円
・35~39歳:30万5,200円
・40~44歳:32万9,800円
・45~49歳:34万7,400円
・50~54歳:36万8,000円
・55~59歳:36万8,600円
・60~64歳:28万9,300円
・65~69歳:25万7,400円
・70歳~:24万7,900円

全体平均:30万7,700円

こちらはボーナスや通勤手当などを全て含んだ数字となっているため、年収600万円(ボーナス込み)の月収約40万円で考えてみましょう。上記のデータと照らし合わせると、男性の50代平均とほぼ同等であることがわかります。全体平均は40万円に達している年代はなく、平均よりも高い収入となります。

▲ 目次に戻る

年収関連の記事はこちらから







▲ 目次に戻る

まとめ

年収600万円の手取り

 

今回は年収600万円の手取りがいくらになるのか、また年代別の平均はいくらなのかをご紹介しました。全体の平均よりも高収入である年収600万円に達することができれば、生活にゆとりが出てきますね。まずはこの数字を目標に頑張ってみるのも良さそうです。