ゆうパケットプラスの送料はどのぐらいかかる?取り扱いサイズや発送方法もまとめてみた!

メルカリを利用している人にはおなじみの「ゆうパケットプラス」。メルカリと郵便局が提携して生まれたサービスで、手軽に商品を発送できるとして多くの人が利用しています。今回はそんなゆうパケットプラスの送料はどのくらいなのか、また発送方法などの手順を一挙ご紹介していきましょう。

こちらの記事では、

  • ゆうパケットプラスの送料はどのぐらいかかる?
  • 取り扱いサイズや発送方法もまとめてみた!

 
についてご紹介します。

ゆうパケットプラスの送料はどのぐらいかかる?

ゆうパケットプラス

 

ゆうパケットプラスは、2021年12月現在「らくらくメルカリ便」のみで選択可能なサービスです。ポストに投函できる「ゆうパケット」が厚さ3㎝までなのに対し、ゆうパケットプラスは厚さ7㎝まで対応可能!少し厚みの出やすい衣類や雑貨もお手軽に発送できますね。

そして、ゆうパケットプラスの送料は全国どこへ発送しても375円(税込)!別途専用の箱を65円で購入する必要がありますが、それを加味してもたったの440円で発送可能です

1,000円ほどの商品が売れた場合、厚みがあるからとゆうパックや宅急便などを利用すれば、送料が700円を超えてしまいます。手元に残る金額はほんのわずかとなるため、ゆうパケットプラスはまさに画期的なサービスと言えるでしょう。

今後はラクマ等の他のフリマサイトでも活用できるようになると良いですね。

▲ 目次に戻る

取り扱いサイズや発送方法もまとめてみた!

ゆうパケットプラス

 

ゆうパケットプラスは、現在専用箱は1種類のみ。箱を変形させることなく入るものであれば送れるため、しっかりと緩衝材で包んで送ることもできますね。

ゆうパケットプラス専用箱(投函可能な最大のサイズ)

・長さ:24㎝
・幅:17㎝
・厚さ:7㎝まで
・重さ:2㎏まで

組立方法はこちらです。

ゆうパケットプラス

 

また、以下のような場合は取り扱い不可となり、一度受け取ってもらった後も返送される可能性があるため注意しましょう。

  • 専用箱以外が使われている
  • 大きさや重さが規定を超えている
  • 箱を小さくたたんだり、大きいものを無理矢理入れるなど箱が変形している
  • 箱が濡れているなど、発送時に破損する可能性が高い
  • 「ゆうパケットプラス」のロゴが消えている

 
特に一度使った専用箱を使い回そうとすると、ロゴが消えて使えなくなる場合があります。お客様に発送する場合は、必ず新品の箱を購入するようにしましょう。

梱包済みのゆうパケットプラスは、「郵便局」「ローソン」「郵便ポスト」から発送できます。安心の匿名配送でプライバシーが守られるため、お互い気持ちよく取引できるのも嬉しいですね。

▲ 目次に戻る

ゆうちょ銀行・郵便局関連の記事はこちらから

ゆうちょ銀行、郵便局カテゴリ別にご紹介していきます。
 

ゆうちょ銀行関連記事






郵便局関連記事


















▲ 目次に戻る

まとめ

ゆうパケットプラス

 

今回はメルカリで使える「ゆうパケットプラス」について、送料や使い方などをご紹介しました。面倒なあて名書きも必要なく、手軽に発送できるゆうパケットプラス。なるべく送料を抑えたい場合や、万が一の破損に対応してもらいたい場合など、さまざまなシーンで活用できそうですね!